3DEM

2013年11月12日 (火)

火星MOLAデータの利用

 NASAマーズ・グローバル・サーベイヤーによる標高データが無償で利用できます。
MOLAデータの入手方法と3DEMというソフトで利用する方法を紹介します。

新しいページを追加しました。こちらをご覧下さい。

 3DEMは読み込んだ地形を立体表示することができ、角度、色を変えたり、高さを強調して表示することも可能です。

 マリネリス渓谷を3DEMで表示したものです。

3dem_9s_3

 高さを5倍に強調、視点を変えて表示

3dem_13s_2

 雑誌に載っている火星の記事にはクレーターや火山など様々な地形が紹介されています。これらの地形をこのデータで探してみるのも結構面白いところがあります。また、3DEMにはterragenフォーマットで出力する機能もあり、terragen(景観作成ソフトで最新ヴァージョンはterragen3です)で表示させると、よりリアリティのある火星の風景が楽しめます。

 terragen は Free Editionでも相当の機能が使用できるので結構気に入っています。ただ、使いこなせるまで(まだ全然使いこなしていないですが・・・)のハードルが高いので色々苦労しています。