terragen3

2016年6月 5日 (日)

Terragen 3 火星クリュセ平原

 最近の火星最接近にちなんで作った火星の画像です。
少し前に火星の巨大津波痕跡発見のニュースがあったので、その辺りを選びました。

Tg3_chryse2s

Tg3_chryse3_128s

Tg3_chryse2ms

 34億年前の津波で高さが120m、境界線を突き抜け渓谷に沿って矢印の部分まで達したとのことです。
(原文:The boundary is breached by the planet's largest outflow channels(blue arrows))
なお、上の画像の矢印は元画像を参考に適当に描き込んだもので、あまり正確ではありません。
詳しくは元記事:Tsunami waves extensively resurfaced the shorelines of an early Martian ocean を参照して下さい。

画像はMOLAデータを使用しています。(「火星MOLAデータの利用」)

2016年5月 8日 (日)

Terragen 3 洞窟

 以前から作ってみようと思っていた洞窟の画像です。
 洞窟と岩は Cube で作成、表面を Displacement Shader の Power fractal shader V3 で凸凹にしています。


Tg3_cave7s

夕方
Tg3_cave6s_2


Tg3_cave9s

これは試作です
Tg3_cave2_1s

 穴をどうやって開けるかで Simple shape shader や Image map shader を試してみたのですが、穴の壁に太陽光が当たりません。

Sphere に Simple shape shader で中をくり抜いた画像です。
(太陽光が中の壁に当たらない?)
Tg3_cave1

 他に何か方法があるのかも知れませんが、いろいろ試しても上手くいかなかったので、結局 いくつかの Cube をサイズや角度を変えて周りを囲んでトンネルのようなものを作り、中にカメラを設置しました。

洞窟には 7個の Cube を組み合わせています。
Tg3_cave_w1s

2016年3月20日 (日)

Terragen 3 ニューヨーク

 OpenStreetMap というフリーの地図から作成したニューヨークの街並みです。
まだ試作段階で、読み込んだ地図に適当なテクスチャを張り付けて作った画像です。

Tg3_new_york2_s

 OpenStreetMap は誰でも自由に利用することができる地図で、Wikipedia の地図版のようなものです。Google map と遜色のない(地域によってはそれ以上の)レベルとのことです。

 最近偶然に、この地図データを Blender でインポートして街並みを作成することができることを、あるサイトで見つけました。また、オブジェクト形式でエクスポートすれば Terragen3 でも使えることに気がつきました。

 Terragen3 で使うためには

1. 地図データを OpenStreetMap でエクスポートしてパソコンに保存します。

2. これを Blender の io_import_scene_osm.py というアドオンでインポートします。
 このアドオンは このサイト で入手することができます。
  (Blender で地図を表示するときは 3D View の Clip の End の値を大きく(10000 程度) して、視点をかなり引いていく必要があります。レンダリングのときも同様に Camera の Clipping の End の値を大きくします。)

3. Blender からオブジェクト形式でエクスポートすれば Terragen3 で使うことができます

詳しくは後日 「Blender アドオンメモ1」 に追記の予定です。

使用した OpenStreetMap ニューヨークの地図、これをエクスポートでパソコンに保存
Map_new_york_s_2

Blender でインポートした画像
Blender_map_new_york_s

Blender でそのままレンダリングした画像
Blender_map_new_york_render_s


東京の新宿もインポートしてみました。

OpenStreetMap の地図
Map_shinjuku_s

Blender でインポートした画像
Blender_map_shinjuku_s

Blender でレンダリングした画像
Blender_shinjuku_render_s

Blender でエクスポートしたものを Terragen3 でレンダリングした画像
Tg3_shinjuku_s

2016年3月13日 (日)

Terragen 3 透明な海

 海の水を透明にして船が宙に浮いて見える画像を作ってみました。
作るきっかけになったのが以前見た世界一透明な海の画像です。

Tg3_boat9s

 取り敢えずどんなものができるか試したかったのでボートは同じものです。
種類を増やせばもう少し雰囲気が出るかも知れません。

 Water shader は Waves タブ で Roughness を 0.01、Wave scale を 0.05、
また Sub-surface タブで Transparency を 0.95, Decay distance を 50 としてあります。

 ボートは Archive3D から入手したもので、海の底には波紋のテクスチャを張り付けています。波紋のテクスチャは Terragen v0.9 時代に浜辺の画像を作っていたとき、あるサイトで見つけたものです。

波紋のテクスチャ(実際のサイズ:1000×1000)
Hamon_g_s

 以前に Terragen v0.9 で作った画像。
Coast_s

白波は Terragen v0.9 のPlug-in です。

2016年2月14日 (日)

Terragen 3 ヴィクトリー号

 前回の客船クィーンメリー2を帆船ヴィクトリー号に置き換えてみました。

Tg3_scene5s

日の出です(日の入りではありません (^^;) )
Tg3_scene7s

 ヴィクトリー号はクィーンメリー2と同じく Archive3D というサイトから入手したものです。
太陽光を強め(Strengs=10) に設定し、上の画像ではさらにスポットライトをヴィクトリー号に当てて明るくしてあります。

2016年1月31日 (日)

Terragen 3 クィーンメリー2

 客船「クィーンメリー2」は Archive3D というサイトから入手したフリーのオブジェクトです。

Tg3_queenmary2_7s

Tg3_queenmary2_6s

 クィーンメリー2 は 3ds フォーマットを Blender でインポートして obj フォーマットに変換したものを Terragen3 で読み取っています。オリジナルの obj フォーマットも付随していたのですが、そのまま Terragen3 で読み取ると texture が上手く張り付きませんでした。

 Painted shader を 2つ使用しています。
ひとつは航跡用で海に白く色をつけています。もうひとつは煙突からの煙用で雲(Cumulus layer)の厚さを薄くして領域を指定しています。

Tg3_w7s

2016年1月 1日 (金)

Terragen 3 初日の出2016

___新年おめでとうございます___〆(^^。)

Tg3_fuji_izu5s

Tg3_fuji_izu2s

2015年12月29日 (火)

Terragen 3 金星、木星とイオ

 今年最後の画像は、「あかつき」の金星周回軌道への投入成功にちなんで金星の画像としました。

金星の雲
Tg3_venus1s

金星の地形
Tg3_venus2s

雲は NEXUS、地形は JHT's Planetary Pixel Emporium のテクスチャを使用しています。


「あかつき」とは関係ありませんが、木星とイオの画像もアップしておきます。
Tg3_jupiter_io1s

木星とイオは以前の記事「ディスカバリー号」で使ったものをそのまま利用しています。
カメラの Focal length を 200 としています。

それではよいお年を。

2015年12月20日 (日)

Terragen 3 クリスマスツリー修正版

 前回のクリスマス画像でツリーが暗く後ろの影と区別しづらくなっていたのでちょっと修正してみました。ついでに教会と森を追加しました。教会は Archive3D というサイトのフリーのオブジェクトを使用しています(MeshLab というフリーのソフトで 3ds 形式から obj 形式に変換しています)。サンタさんは2次元のままです。

Tg3_xmas2015_5s

 森の木はクリスマスツリーと同じもので、オリジナルのサイズで使用しています。

 クリスマスツリーを明るくするために、葉の Shader の Luminosity image に Colour image と同じ画像を読み取り Luminosity を 0.5 としています。

Tg3_xmas2015w1s

 スポットライトを1つ追加して教会を照らしました。教会の窓に明りをともしたかったのですが、時間がかかりそうなので今回はここまでです。

Tg3_xmas2015w2s

2015年12月 6日 (日)

Terragen 3 クリスマスツリー

 昨年のクリスマス画像を夜にして、カメラ位置を少し変えてみました。

Tg3_xmas2015_3s

 スポットライトを2個使用しています。1個は木の家、もう1つはサンタさんを照らしています。
サンタさんは切り絵のようなもので、Objects の Card に絵を貼り付け、黒い部分を透明に設定しています。いつか 3D で作成したいところです。

より以前の記事一覧